長野県のニュース

客に薬物入り飲み物 殺人未遂疑い 女3人逮捕 松本

 松本市内の飲食店で2015年8月、客の男女2人に薬物を混入させた飲み物を飲ませて殺害しようとしたとして、松本署は8日、安曇野市と松本市の女3人を殺人未遂の疑いで逮捕した。同署によると、3人はこの店の経営者と当時の従業員で、被害者の男女とも面識があったという。同署は3人と男女の間に何らかのトラブルがあったとみて調べている。

 逮捕されたのは安曇野市三郷明盛の無職月岡愛(32)、松本市島内の飲食店従業員水野華菜子(35)、同市里山辺の飲食店経営中原加奈美(36)の3容疑者。逮捕容疑は15年8月23日未明、共謀して、松本市中央1の飲食店内で客として訪れた塩尻市の当時無職で31歳だった女性と、松本市の当時会社員で28歳だった男性に薬物を混入させた飲み物を飲ませて殺害しようとした疑い。同署は3人の認否を明らかにしていない。

 男女2人は直後に異変を感じて1人が110番通報。2人はその後、急性薬物中毒で病院に救急搬送され、数日間入院した。一時意識を失うなどして死亡する危険もあったという。現在は回復している。

 現場となった店は中原容疑者が経営し、月岡、水野両容疑者が従業員として勤務。男女は友人関係だった。同署は事件後に3人に任意で事情を聴き、薬物の特定などを経て逮捕した。同署によると、薬物は致死性で一般流通していない。同署は、被害に遭った男女だけを狙った犯行とみて動機などを調べている。

(2月9日)

長野県のニュース(2月9日)