長野県のニュース

小谷・大網地区で「雪と火の祭り」

大きなどんど焼きの炎の周りを叫びながら駆け回る鬼役の男衆=9日、小谷村大きなどんど焼きの炎の周りを叫びながら駆け回る鬼役の男衆=9日、小谷村
 北安曇郡小谷村北小谷の大網(おあみ)地区で9日夜、雨飾山に五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災を祈る「雪と火の祭り」があった。降りしきる雪の中、みのを着てふんどしをした鬼役の男衆約20人が、高さ約5メートルのどんど焼きの周りで「うぉー」と雄たけびを上げ、駆け回った。

 男衆は公民館で巫女(みこ)役をみこしに乗せ、祭りの主会場に移動。雪の祭壇の上で巫女の舞いなどの神事をした後、やぐらに火が付けられると、男衆が雪を吹き飛ばしながら叫び回った。

 会場に集まった多くの観光客や写真愛好家がフラッシュを浴びせ、中には男衆の輪に混じる外国人観光客もいた。村内の企業に勤める新潟県糸魚川市の男性(24)は、鬼役で9回目の参加。「今年は特に寒かったが、地元の人との交流が図れる。何より多くの人が見に来てくれるのがうれしい」と話していた。

(2月10日)

長野県のニュース(2月10日)