長野県のニュース

中アで滑落、3人死亡1人重傷 登山道に凍結箇所多く

 9日から10日にかけ、県内の中央アルプスで遭難が相次ぎ、男女3人が死亡、男性1人が重傷を負った。木曽署によると、死亡した3人は宝剣岳(2931メートル)と仙涯嶺(せんがいれい)(2734メートル)の登山道でいずれも滑落した。凍結している場所が多く、足を滑らせた可能性があるとしている。

 10日午後1時10分ごろ、宝剣岳山頂付近で9日に滑落した大阪府茨木市の会社員小谷部明さん(47)を県警ヘリコプターが救助。木曽郡上松町のヘリポートに搬送し、死亡を確認した。

 宝剣岳では10日午後1時半ごろにも女性が滑落。応援の山梨県警ヘリが松本市内の病院に搬送し、死亡を確認した。女性は同日、男性と2人で中ア千畳敷から入山していた。同署が身元を確認している。

 宝剣岳近くの乗越浄土(のっこしじょうど)付近でも同日、岐阜市の会社員男性(43)が約50メートル滑落し、右脚骨折のもようだ。

 仙涯嶺では10日午前8時20分ごろ、安曇野市穂高の無職西田由香里さん(44)が登山道から滑落。長野県警ヘリが松本市内の病院に搬送し、死亡を確認した。西田さんは仲間と5人で9日から入山していた。

 木曽署によると、中ア付近は9、10日、降雪はなかったが、風が強い時があった。遭難多発を受け、「3連休で山に入る人が多い。無理だと思ったら引き返す勇気を持ってほしい」と呼び掛けている。

(2月11日)

長野県のニュース(2月11日)