長野県のニュース

多文化共生、絵本から 上田で読み聞かせ

個性がテーマの絵本を読み聞かせるスタッフら個性がテーマの絵本を読み聞かせるスタッフら
 上田市多文化共生推進協会は10日、多文化共生や個性をテーマにした絵本の読み聞かせイベントを市立上田図書館(材木町)で開いた。昨年に続き2回目の企画。インドネシア、ボリビアといった外国出身で、現在は市内で暮らす子どもとその保護者を含む約20人が楽しんだ。

 赤い猫やのんびりしたナマケモノが出てくる絵本の読み聞かせは「周りと違っても無理に合わせず、互いに個性を尊重することが大事」と伝えるのが狙い。世界各地の通学路を写真と文で紹介する本では、国旗や地図を見せながらお国事情に応じたさまざまな通学方法を説明した。

 ボートや犬ぞりを使って通学する国があると知った子どもたちは興味津々の様子。

 図書館にある外国語の絵本の紹介や、参加者が出身国の学校生活の話をする時間もあった。同協会の大井鈴子(れいこ)さん(56)は「自分の個性を大事にすることで、他の人の個性も大事にするようになってほしい」と期待していた。

(2月11日)

長野県のニュース(2月11日)