長野県のニュース

御代田町長に小園氏 県内最年少首長

 任期満了に伴う北佐久郡御代田町長選は17日投開票され、新人でジャーナリストの小園拓志氏(41)=無所属、栄町=が、現職で3期目の茂木祐司氏(62)=無所属、面替=を882票差で破り、初当選を果たした。県内の現職市町村長では最年少となる。

 小園氏は北海道日高町出身。北海道新聞記者や札幌市内の会社勤務を経て、昨年9月に御代田町に移住、10月に立候補表明した。「停滞か前進か。前進を望むなら私と一緒に歩いてほしい」と訴え、子どもの基礎学力向上のための公設塾設置や、防災力と町の魅力を高めるインフラ整備などを掲げた。町内ほぼ全域に後援会支部を設け、運動を展開。無党派層を含む幅広い層に浸透し、激戦を制した。

 県内最年少の現職市町村長はこれまで壬生照玄・下伊那郡高森町長(49)だった。

 茂木氏は昨年12月に出馬表明。町政の継続を強調し、企業誘致と町内企業支援、健康な町づくりの推進などを掲げたが、及ばなかった。茂木氏は共産党籍がある。同党県委員会によると、党籍のある県内首長は宮下健彦・上伊那郡中川村長の1人になった。

 投票率は61・80%で、2015年前回選を1・62ポイント下回り、過去最低となった。

(2月18日)

長野県のニュース(2月18日)