長野県のニュース

アポ電警戒 逆手に詐欺 佐久で警察かたり150万円被害

 佐久署は19日、佐久市の70代女性が同日、現金150万円をだまし取られる特殊詐欺の被害に遭ったと発表した。現金を要求する自宅への電話について、警察をかたる男から「今はやりのアポ電」と言われた上、特殊詐欺グループの指示に従い逮捕につなげる「だまされたふり作戦」に協力するよう仕向けられ、現金を渡していた。警察の警戒を逆手に取った犯行だ。

 同署によると、女性宅においを名乗る男から18日に電話があり、「電車の中でかばんを取られちゃった」「150万円が必要」などと言われた。女性は男に携帯電話の番号も教え、現金を用意。19日に指定された同市内の駅に向かった。

 女性が駅に向かう途中、警察をかたる男から携帯電話で「あなたにかかってきているのは今はやりのアポ電です」「今、あなたの周りには警察官が配備しています」「だまされたふりをしてお金を渡してください」などと言われた。女性は同市の路上で、おいの会社の事務員を装う男に用意した現金を手渡した。警察官が現れないことを不審に思い、佐久署に通報して被害に気付いた。

 一方、県警は19日、親族や警察官などをかたる不審電話を「犯行予兆電話(いわゆるアポ電)」として集計し、県内で相次いだ場合は注意喚起する発表を始めた。同日午後3時までの24時間に佐久地方で5件、長野市で同日午後1〜7時に12件が確認された。

(3月20日)

長野県のニュース(3月20日)