長野県のニュース

男児世界最小258グラムで誕生 関野竜佑ちゃん あす退院 両親ら会見

順調に育った関野竜佑ちゃん(中央)を抱く母俊子さんと父康平さん=19日、安曇野市の県立こども病院順調に育った関野竜佑ちゃん(中央)を抱く母俊子さんと父康平さん=19日、安曇野市の県立こども病院
 県立こども病院(安曇野市)で昨年10月に体重258グラムで生まれた関野竜佑(りゅうすけ)ちゃんが20日、無事に退院できることになり、19日に医師らによる記者会見が同病院であった。元気で退院する男児としては記録で分かる限り、世界最小。両親も同席し、母親の俊子さん(北佐久郡軽井沢町)は「生まれた当初は不安ばかりで涙が止まらなかったが、ミルクを飲んだり、お風呂に入ったり、普通の赤ちゃんらしいことができるようになってうれしい」と喜びを語った。

 同病院総合周産期母子医療センター長の新生児科医、広間武彦さん(50)が、妊娠24週5日に身長22センチで竜佑ちゃんが生まれてからの経過を説明。皮膚や臓器が未熟なため、当初から新生児集中治療室(NICU)の保育器の中で皮膚の保湿や、人工呼吸器、点滴、経管栄養などを注意深く管理した。便が詰まり、腸が破れそうになる困難もあったが、小児外科医らと連携し、手術なしで乗り切ったという。

 竜佑ちゃんはすくすく成長し、18日現在、3374グラム。ミルクを飲んでいる途中に呼吸が苦しくなることがあり、まだ鼻から胃に通した管でミルクを補給。父親の康平さんは「桜の開花とともに病院を卒業し、明日から新年度が始まる気分。普通のことを普通にできるように、ゆっくり見守っていきたい」と話した。

 こども病院によると、過去5年間に同病院で妊娠22週以降に生まれた赤ちゃんの救命率は、9割を超える。産科部長の吉田志朗さん(47)は「各地の妊婦健診で気になるおなかの赤ちゃんを早い段階で見つけ、こちらに紹介してくれることが一番重要で、県内は各地の産婦人科医の対応が優れている」と背景を説明した。

(4月19日)

長野県のニュース(4月19日)