長野県のニュース

ロシアゲート報告 大統領の適格性に疑念

 与野党の対立が激化し国民の間の亀裂が深まるのは避けられそうにない。憂慮すべき事態である。

 ロシアによる米大統領選への干渉疑惑について、モラー特別検察官の捜査報告書が公表された。いま裁判が進行中の問題に触れる部分などが黒塗りにされている。全容が分からない歯がゆさは残るものの、公表部分に限ってみても問題の重大さは分かる。

 問われている疑惑は2点。第一は2016年大統領選でのロシアによる干渉だ。トランプ氏を当選させるために、ロシア政府が対立候補のクリントン陣営にサイバー攻撃をかけてメールを入手し、流出させたことが分かっている。

 報告書は、ロシア政府がトランプ大統領から恩恵を受けるため選挙への介入を図ったことや、トランプ陣営に支援を申し出たこと、プーチン大統領との会談を持ち掛けたことなどを列挙している。ただし、陣営とロシア政府との共謀は立証できないとした。

 たとえ共謀がなかったとしても、次の大統領になろうとする候補者の陣営が選挙期間中に外国政府、中でもロシアと接触を持つこと自体、異様である。トランプ氏は責任を問われても仕方ない。

 疑惑の第二は司法妨害だ。選挙介入問題の解明を進めようとする捜査当局に対し、大統領就任後に圧力をかけて邪魔しようとした疑いが持たれている。

 司法妨害について報告書は「大統領が関与したとも潔白だともしない」とした。言葉の通りに受け止めれば灰色である。

 報告書にはモラー特別検察官が任命されたときトランプ氏が「大統領として終わり」と述べたことが記載されている。捜査におびえていたことが分かる。

 大統領は就任後、連邦捜査局(FBI)長官をはじめ複数の捜査当局者を解任している。モラー氏の解任も画策、特別検察官の面談での聴取を拒否した。

 この問題で側近らが何人も訴追されてもいる。報告書では灰色でも実態は黒に近い。

 灰色の結論となったのを受けてトランプ氏は「勝利」を宣言している。報告書はトランプ氏の大統領としての適格性に対する疑念を一層膨らませる。素直に読めば、勝利をうたってなどいられない状況なのは明らかだ。

 野党民主党は批判を強めている。与野党の対立が深まるのは必至である。米国政治が迷走しないか心配になる。先行きから目がますます離せない。

(4月20日)

最近の社説