長野県のニュース

松本―韓国チャーター便就航 10連休中の5日間に5往復

 県は24日、県営松本空港(松本市)と韓国の金浦国際空港を結ぶ国際チャーター便の就航が決まったと発表した。運航日は27、29日と、5月2、4、6日の5日間で、計5往復10便を予定。本年度最初の国際チャーター便となる。

 航空会社はコリアエクスプレスエア(韓国)で、50人乗りの機体を運航する。旅行会社は韓国の「World Wings」。韓国から国内、国内から韓国のいずれの旅行者も利用できる。滞在期間や旅行先は利用客が決める。松本空港から金浦国際空港に向かう便の航空券は既に完売している。

 松本空港と海外の空港を結ぶ国際チャーター便の昨年度実績は計35便で、過去最高を更新。県が2016年にまとめた空港の発展・国際化に向けた取り組み方針は、19年度からの3年間を「上昇」期間とし、この間に国際定期便就航を実現するとしている。

(4月25日)

長野県のニュース(4月25日)