長野県のニュース

北アで遭難相次ぎ4人死亡 県内と富山 雪や強風影響か

 大型連休出ばなの27日から28日にかけて悪天候に見舞われた北アルプスで遭難が相次ぎ、長野、富山両県で男性4人が死亡した。穂高連峰の涸沢付近では積雪に伴う表層雪崩も起き、1人がけがをした。

 松本市安曇の槍ケ岳槍沢では28日午前5時10分ごろ、標高約2800メートルにある山小屋近くで横浜市の会社員池本和人さん(55)が倒れているのを登山者が見つけた。死亡を確認し、県警ヘリが収容した。松本署によると、26日に上高地から単独入山していた。

 北安曇郡白馬村の唐松岳では午前8時半ごろ、「斜面に動かない人がいる」と大町署に通報があった。標高約2500メートルの八方尾根ピーク付近で埼玉県狭山市の公務員、植竹史治さん(57)が倒れており、死亡を確認。八方尾根から唐松岳を往復する予定で単独入山したとみられる。

 富山県の北ノ俣岳では27日午後、山頂付近にいた兵庫県西宮市の会社員土居浩行さん(50)から宿泊予定の山小屋に「たどり着けそうにない」と連絡があった。山小屋スタッフが救助に向かったが悪天候で断念。28日午前、県警ヘリが救助したが死亡が確認された。同県立山町の雷鳥沢でも同日午前、雪に埋もれて意識のない埼玉県越谷市の小川誠さん(79)を登山者が発見。県警ヘリが救助したが死亡した。

 また、28日午前9時半ごろ、松本市安曇の涸沢上部のザイテングラートで幅10メートル、長さ200〜300メートルほどの表層雪崩が起き、十数人が一時巻き込まれた。東京都品川区の会社員男性(52)が腰を打つけがをしたが自力で近くの山小屋に戻り、県警ヘリで松本市の病院に搬送された。

 一方、午後3時40分ごろには、中央アルプス空木岳の標高約2200メートルの登山道で三重県の会社員男性(49)が20メートルほど滑落、左足首を骨折したもよう。県警ヘリが救助し、松本市の病院に搬送した。

 長野地方気象台によると、西高東低の冬型の気圧配置や強い寒気が入り込んだ影響などで、27日の北アは雪が降りやすく、風速10メートルほどの風も吹いていたとみられる。改元を挟む30日と5月1日はまとまった雨が降るとみられ、雪崩や融雪に注意するよう呼び掛けている。

(4月29日)

長野県のニュース(4月29日)