長野県のニュース

横山選手 W杯でゴール期待 長野の練習場で見守るサポーター

練習で笑顔を見せる横山久美選手(左)=14日、長野市屋島練習で笑顔を見せる横山久美選手(左)=14日、長野市屋島
 サッカー女子なでしこリーグ1部のAC長野パルセイロ・レディースのFW横山久美選手(25)が14日、6月開幕の女子ワールドカップ(W杯)日本代表に選出されて以降初のチーム全体練習に参加した。長野市での練習を見たサポーターは、世界を相手に得点してほしいと期待した。

 練習拠点の千曲川リバーフロントスポーツガーデンでは雨の中、傘を差した男性サポーター4人が見守った。機敏なパスを回し、若手にハッパを掛ける横山選手の姿に、市内の会社員青木一弘さん(60)は「W杯ではゴールはもちろん、動き回って相手をかき回してほしい」。中野市の会社員男性(45)は「『日本の横山は怖い』と世界に名がとどろくような活躍を見たいですね」と胸を高鳴らせた。

 代表選出は街でも話題だ。長野市権堂町で飲食店を営む渡辺真澄さん(49)は「女子サッカーに興味がなかったという人からも横山選手の話が出る。活躍が(ホームの)長野Uスタジアムの観客増に結び付けば」と願っていた。

 代表合流前最後のリーグの試合は、19日に同スタジアムで開く日テレ戦。チームは「壮行試合」と位置付け、横山選手への花束贈呈やインタビューなどを行う計画だ。

(5月15日)

長野県のニュース(5月15日)