長野県のニュース

松本の「旧開智学校」国宝指定へ 小澤征爾さん祝電

小澤征爾さんから松本市に寄せられたお祝いの電報小澤征爾さんから松本市に寄せられたお祝いの電報
 松本市開智2の重要文化財「旧開智学校校舎」の国宝指定答申を受け、市内で毎年夏に開く音楽祭セイジ・オザワ松本フェスティバル(OMF)の総監督小澤征爾さん(83)から、お祝いの電報が市役所に届いた。市立博物館は、同校舎などで展示するか「検討したい」という。

 電報は19日付で、「お祝い」として菅谷昭市長宛てに届いた。「国宝指定、おめでとう」と祝福し、「学校を大切にしてきた松本のみんなの思いが伝わったということ。三ガク都・松本のさらなる発展をお祈りいたします」とした。

 菅谷市長は20日の市議会臨時会のあいさつで、お祝いが届いたと紹介し「心から感謝申し上げます」と述べた。同校舎の「周辺の環境を含む整備に取り組む」とし、市民と連携した観光振興や町づくりで、国宝松本城との相乗効果を高めていく考えを示した。

 小澤さんは近年、体調が優れず、昨夏のOMFで指揮を降板し、松本入りも実現しなかった。今夏も指揮見送りが決まっているが、期間中は2年ぶりに松本に滞在し、全ての公演を監督する予定だ。

 旧開智学校校舎の国宝指定を巡っては、同校と「姉妹館提携」している旧開明学校がある愛媛県西予(せいよ)市や同市教育委員会からも、松本市と市教委にお祝いの電報が届いた。

(5月21日)

長野県のニュース(5月21日)