長野県のニュース

地球環境 軽井沢で議論 G20閣僚会合あすスタート

G20イノベーション展の準備に追われる関係者=13日、軽井沢町G20イノベーション展の準備に追われる関係者=13日、軽井沢町
 日米欧と新興国の20カ国・地域(G20)エネルギー・環境関係閣僚会合は15日、北佐久郡軽井沢町で開幕する。プラスチックごみによる海洋汚染問題や、クリーンな次世代エネルギーとして注目される水素の利用拡大などを巡って2日間の日程で議論。国際的な取り組みや各国間の連携などでの合意を目指し、最終日に共同声明を公表する見通しだ。

 28、29日のG20首脳会議(G20大阪サミット)に伴う計八つの閣僚会合の一つ。日本が議長国を務め、世耕弘成経済産業相と原田義昭環境相が出席する。会場は軽井沢プリンスホテル。

 開幕前日の14日には、会合会場に近い軽井沢プリンスショッピングプラザの駐車場で、一般向け展示「G20イノベーション展」がスタート。16日まで開かれ、海洋プラごみ対策や水素エネルギーをテーマに最先端、独自の技術を持つ国内約80の企業・団体が出展する。13日は関係者が展示の準備を急いだ。

 14日は、世界的な環境課題に国内外の自治体が協働して取り組むよう呼び掛けるため県などが5月末に発表した「長野宣言」を、阿部守一知事らが原田環境相に手渡すほか、国際エネルギー機関(IEA)の水素に関する報告書の発表イベント、地元主催の歓迎レセプションもある。

(6月14日)

長野県のニュース(6月14日)