長野県のニュース

松本駅自由通路の期日前投票所 熱中症対策でバスターミナルに移動

新たに期日前投票所を設ける松本バスターミナル2階のキッズスペースと休憩所新たに期日前投票所を設ける松本バスターミナル2階のキッズスペースと休憩所
 今夏の参院選で松本市選挙管理委員会は、松本駅自由通路に設けてきた期日前投票所を同駅前の松本バスターミナル(アルピコプラザ)に移す。自由通路は人通りが多く投票する人も多かったが、夏は暑く冬は底冷えしたといい、選挙事務従事者や有権者の健康に配慮して見直した。今後、PRしていく。

 市選管によると自由通路では2009年8月の衆院選から期日前投票所を開設。駅利用者など多くの人が投票に訪れ、16年7月の参院選(県区)では、市内11カ所で期日前投票をした計3万4139人のうち、自由通路での投票が9635人と最多だった。

 ただ、18年8月の県知事選では自由通路の気温が38度に上昇。熱中症などで体調を崩した人はいなかったものの、対応を考える必要があった。バスターミナルは空調設備が整っており、2階のキッズスペースと休憩所を使う。

 7月4日公示、同21日投開票の場合、松本バスターミナルでは5〜20日(午前10時〜午後8時)に期日前投票を受け付ける予定。市選管は、自由通路から移動したことで投票率が低下しないよう、広報誌や駅の横断幕などで周知する。

(6月15日)

長野県のニュース(6月15日)