長野県のニュース

斜面

信州大OBの俳優、佐藤二朗さんは小学生の息子への思いをツイッターに投稿している。日常のさりげないやりとりはユーモアと優しさに包まれファンが多い。各界の「最もすてきなお父さん」に贈られるイエローリボン賞に選ばれた

   ◆

父親の役割って何だろう。悩みつつ「イクメン」に励むお父さんは多いはずだ。同賞は今年で38回目。併せて一般募集のお父さんの似顔絵や作文も表彰した。作文の最高賞は埼玉の34歳の女性。つづった体験にヒントの一つが詰まっているように思える

   ◆

女性が24歳で命を授かった時、夫は戸惑った。女手一つで育てられ父親を知らない。家事を手伝い「イクメン」を指南する本を必死に読んだ。やがて出産。初めての育児の重圧と、毎晩の夜泣きで寝不足が重なって夫婦ともに体調を崩した。特に夫は産後うつ状態になってしまう

   ◆

女性が実家に助けを求めると両親が迎え入れてくれた。仕事人間だった父親とは会話もないまま育った。その父親が「いいんじゃないか、ここにいて」と夫の肩を抱くと大粒の涙を流していた夫はうなずいた。夫に「父」ができ、父に「息子」ができた

   ◆

女性も父親が自分にそっと注いでくれた優しさを知る。夫婦は子の成長とともに「パパ」と「ママ」に育っていった…。佐藤さんは息子の運動会を見て投稿している。「父は土日なき職ゆえあと何度見られるか分からん。その分、しっかりと君の姿を目に焼き付けるよ」。きょうは父の日。

(6月16日)

最近の斜面