長野県のニュース

諏訪地方特産「鉄平石」魅力再発見を 採石場巡るツアー

ツアーでは、鉄平石が露出する崖も見学したツアーでは、鉄平石が露出する崖も見学した
 諏訪市内の街づくり団体の有志でつくる「諏訪塾実行委員会」は15日、諏訪地方の特産品「鉄平石」の採石場を巡るツアーを開いた。鉄平石はマグマが冷えて固まった輝石安山岩の一種で、板状に剥がれる。諏訪地方では明治時代に採石が本格化し、外壁や石畳などに使われている。13人が参加し、鉄平石が露出した高さ約30メートルの崖などを見て回り、地域資源として改めて見つめ直した。

 鉄平石を採石、販売している「藤森鉄平石」(諏訪市)の採石場2カ所を見学。崖には筋が水平方向に幾つも走っており、地層のように見えた。市内の会社員伊藤雅和さん(58)は「諏訪市にこんな場所があったのか」と驚いていた。

 実行委は昨年秋、街中で使われている鉄平石を見つけて歩くツアーを行った。実行委員長で建築士の五味光一さん(64)は「鉄平石の魅力を伝えるために、今後は鉄平石を使った工作教室などを開きたい」と話していた。

(6月16日)

長野県のニュース(6月16日)