長野県のニュース

ホタルの季節 にぎやか幕開け 辰野で祭り

ダンスと演奏で祭りの開幕を盛り上げる辰野中学校吹奏楽部(手前右)ダンスと演奏で祭りの開幕を盛り上げる辰野中学校吹奏楽部(手前右)
 ホタルの名所・松尾峡がある上伊那郡辰野町で15日、第71回信州辰野ほたる祭りが始まった。JR辰野駅前商店街では空き店舗を活用して住民らが休憩所を運営し、大勢の観光客を迎えた。小学生の鼓笛隊や辰野中学校吹奏楽部が商店街をパレードし、花を添えた。

 時折雨が降る中、午後5時に商店街は歩行者天国に。7カ所の空き店舗が休憩所になり、町が生産に力を入れる雑穀入りおはぎを販売したり、写真愛好家グループ「いいまちたつの知らせ隊」が撮影した町内の景色などの写真を展示したり。駅向かいの空き店舗では、町が昨年からPRする「日本のど真ん中」にちなみ、辰野西小学校の児童が考案した「真(ま)ん・中夫(なかお)」のしおりを配布。塗り絵体験コーナーも設けた。

 辰野中学校吹奏楽部の部長で3年の山岡南貴(なみき)さん(14)は「笑顔になってもらえる演奏を心掛けた。ホタルを見に行くのが楽しみ」と話していた。

 祭りは戦後間もなく、町の活気を取り戻そうと始まった。23日まで。松尾峡の「ほたる童謡公園」ではゲンジボタルの乱舞が楽しめる。町は16日に最も多く飛ぶと予想している。入園には、保護育成協力金として500円(中学生以下無料)が必要。

(6月16日)

長野県のニュース(6月16日)