長野県のニュース

「そいや」岡谷に新たな鼓動 8月の「太鼓まつり」へ教室

息を合わせて太鼓を打つ参加者たち息を合わせて太鼓を打つ参加者たち
 岡谷市で8月13、14日に開かれる市民祭「岡谷太鼓まつり」に向け、初心者対象の太鼓教室が16日、市内で始まった。祭り当日に約300人の「そろい打ち」を披露している「岡谷太鼓保存会」が、近年は打ち手が減りつつあることを踏まえて企画。諏訪地方や塩尻市の13人が参加し、「そいや」と息を合わせて太鼓を打った。

 8月まで5回開く教室の初回は、保存会員が足を肩幅以上に開いて腰を落とす基本の構え方を指導した。本番で演奏する鼓曲「まつり」も練習。参加者はばちを大きく振り上げ「そいや」「わっしょい」と汗だくになりながら迫力ある音を響かせた。

 岡谷市湊小学校3年の有賀汐里さん(8)は「動きが忙しくて大変」と戸惑いつつ「思い切り打てて楽しい」と笑顔。本番に向けて「振り付けをしっかり覚え、手を大きく動かして、格好良く演奏したい」と意気込んでいた。

(6月17日)

長野県のニュース(6月17日)