長野県のニュース

御嶽山頂付近 24日調査  木曽町や県 遺族らの登山は29日に決定

 木曽郡木曽町は17日、御嶽山噴火災害の被災者家族らでつくる「山びこの会」が山頂付近で行方不明者らの捜索を求めていることを踏まえ、24日に県などと現地を調べると明らかにした。職員が登山道から目視し、天候が良ければ小型無人機ドローンで上空から撮影。写真や映像を希望者に提供する。同会の希望で検討していた山開き(7月1日)前の登山は29日午前11時半から2時間、遺族と行方不明者家族に限り認めることにした。

 町は火口からおおむね1キロ圏内への立ち入りを規制している。山開きに合わせ、圏内の一部の登山道で規制を解除するが、登山道以外の安全は確保できないとして、家族ら自身による調査は困難と判断。24日は、登山道の安全確認と合わせて実施する。

 同会事務局代表のシャーロック英子さんは17日、町の方針を受けて「自分たちで手掛かりを見つけたかった。残念だが県と町に調査を委ね、結果を待つしかない」。29日に再び山頂に立つことについて「あの日何があったのか、確認してきたい」と話した。

(6月18日)

長野県のニュース(6月18日)