長野県のニュース

北ア ライチョウ生息地消失恐れ 「今世紀末 地球温暖化で」 県環境保全研究所など

 北アルプス中南部で国特別天然記念物ニホンライチョウの生息に適した環境が、地球温暖化に伴って今世紀末にほぼ消失する恐れがあるとの予測を、県環境保全研究所(長野市)などの研究グループが10日明らかにした。同研究所によると、適地として残るのは黒部川源流の雲ノ平(くものたいら)周辺など富山県内の一部だけの見込み。引き続き、かつて生息したとされる北海道などに適地が残らないかも調べており、今後の保全策に役立てる。

 同研究所によると、ライチョウは、営巣や天敵となる動物から身を隠す場所となるハイマツ群落や、餌場となる高山植物群落のバランスが良い場所に生息する確率が高い。今回は二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出がこのまま続く前提で、年平均気温の上昇を24パターンで予測。その結果、高山植生が減少し、生息に適した環境は今世紀末(2081〜2100年)には現在の面積の0・4%に激減すると見通した。

 同研究所は今後のライチョウ保全策について、「温暖化の影響を考慮に入れる必要がある」と指摘。生息域に進出する天敵からひなを保護したり、現在の生息域から他の生息可能な地域に移したりする対策が求められるとする。このため引き続き白馬岳や立山連峰といった北ア北部、乗鞍岳、御嶽山、南アルプスなど他の生息域に加え、北海道や絶滅した白山(石川、岐阜県境)を対象とした温暖化の影響についても研究する。

 研究グループは他に森林総合研究所、高知大、東京農大で構成。今回の予測結果は、2013年に山梨県で開いた第14回ライチョウ会議でも概要を発表していた。

 県環境保全研究所の堀田昌伸・自然環境部長(60)は「危機的な結果が出た。将来的にはかなり重要な問題と捉えた方がよく、対策は必須だ」と指摘。「まずは温暖化を防ぐ取り組みが前提で、ライチョウはそのためのシンボルにもなり得る」とも話した。

(7月11日)

長野県のニュース(7月11日)