長野県のニュース

観光バスと車衝突1人死亡 松本の国道158号 20人けが

事故で前部が大破し、レッカー車で運ばれる観光バス=13日午後4時36分、松本市安曇事故で前部が大破し、レッカー車で運ばれる観光バス=13日午後4時36分、松本市安曇
 13日午後0時半ごろ、松本市安曇の国道158号で、乗用車と大型観光バスが正面衝突する事故があった。松本署によると、乗用車を運転していた大阪市住吉区の地方公務員、金岡新太郎さん(56)が胸を強く打ち、搬送先の松本市内の病院で約1時間後に死亡した。同乗していた妻の滋子さん(52)は重傷のもよう。

 バスには乗客41人と運転手(38)=茨城県ひたちなか市、添乗員各1人が乗っており、うち乗客19人が軽いけがをして松本市内の複数の病院に運ばれた。バスを運行した月川観光バス(茨城県ひたちなか市)によると、バスは同日朝にひたちなか市を出発し、北アルプス上高地や岐阜県高山市に向かっていた。

 現場は片側1車線で緩やかにカーブする。同署は乗用車が対向車線にはみ出し、大型観光バスと衝突したとみて調べている。事故処理のため、現場は約3時間半にわたって全面通行止めとなった。片側交互通行を経て午後5時ごろに規制が解除されたが、迂回(うかい)路がないため渋滞が続いた。

(7月14日)

長野県のニュース(7月14日)