長野県のニュース

斜面

ネコの毛繕いは体温を下げる効果がある。暑くなると唾液の分泌が増える。舌で体をなめると唾液が広がり、蒸発して熱を放つ。多くのほ乳類が持つ体温調節の方法だ。カンガルーは細い血管が数多く通る前脚をなめ効率よく熱を逃す

   ◆

ヒトも発汗という類いまれな機能を備えている。体表に300万〜500万ある汗腺から汗を出して熱を発散する。気温が急上昇しても体温を一定に保つ。とはいえこの能力にも限界はある。他の動物を含めて体を冷やす最も重要な手段は行動だという

   ◆

日陰に移動したり水浴びをしたりする。ヒトが他の動物と違うのは「空調」を手にしたことだ。快適な環境を作り出している。だが一方で膨大なエネルギーを消費し環境を劣化させる悪循環に陥っている。体温の調節機能を研究している早稲田大教授の永島計(けい)さんの新著で学んだ

   ◆

温暖化による気候変動は悪循環の最たるものだろう。欧州では熱波によって連日40度を超える猛暑に見舞われている。日本列島も全て梅雨明けし最高気温が35度超の日が続きそうだ。熱中症の疑いで救急搬送される人が増え、命を落とした高齢者もいる

   ◆

永島さんによれば日本列島が40度を超えても人は生きていける。だが気温上昇を防ぐため都市の構造見直しや緑地回復など幾つも改善すべき課題がある。大阪府の遊園地では着ぐるみを着てショーの練習をしていた28歳の男性が熱中症で亡くなった。これは周りの行動で防げた人災である。

(8月1日)

最近の斜面