長野県のニュース

御朱印集め 自転車で挑戦 時間内に6寺院巡る

「ご朱印ライド」で巡る寺の一つ、東照寺=飯田市龍江「ご朱印ライド」で巡る寺の一つ、東照寺=飯田市龍江
 自転車で寺や神社を時間内に巡り、御朱印を集める「ご朱印ライド」が9月7日、飯田下伊那地域で開かれる。昨年から埼玉、千葉、茨城、群馬、新潟の各県で開かれている人気イベントで、県内では初めて。国内最大規模の自転車ロードレース「ツアー・オブ・ジャパン」(TOJ)南信州ステージが飯田市で毎年開かれていることから実現。過酷なレースとはひと味違う自転車の楽しみを提案する。

 主催は千葉県我孫子市のNPO法人フレンドシップサイクル協会。TOJ南信州ステージの実行委関係者も協力する。巡るのは東照寺、文永寺、保寿寺(以上飯田市)、泉龍院、慈恩院(以上豊丘村)、真浄寺(喬木村)の6寺院。正午から午後6時までに、最短でも45キロ以上を走る思い思いのルートで巡礼できる。オリジナルの御朱印帳が配られ、完走証も贈られる。

 「速さを競うのでなく、自分のペースでゆっくり走るサイクリングイベントとして定着させたい」と自転車イベントで地域活性化に取り組む同協会代表の小黒一弘さん(68)。TOJ南信州ステージ実行委事務局長で、ご朱印ライドにも関わる熊谷秀男さん(69)=飯田市=は「自転車に乗る楽しさを感じてもらえる大会にしたい」と意気込む。

 協力する東照寺住職の内藤了元さん(52)も「檀家(だんか)だけでなくいろいろな人に来てもらい、寺や飯田のことを知ってもらえるいい機会」と期待。道すがら、住職や住民との触れ合いも楽しめそうだ。

 参加費など問い合わせは運営事務局(電話043・388・0006)へ。

(8月7日)

長野県のニュース(8月7日)