長野県のニュース

県中体連、郡市大会廃止へ 少子化や教員の負担考慮

 県中学校体育連盟(県中体連)が2021年度をめどに、バレーボール、サッカーなど県大会の予選を行う全競技で、予選を東信、北信、中信、南信の4地区大会から始め、各地区大会への出場権を懸けた郡市大会を廃止する方針を固めたことが10日、分かった。少子化などで参加チームが少なく、郡市大会が開けない地域があるためで、大会運営や引率に伴う教員の負担軽減も考慮。まず10月に開く軟式野球の新人戦で、中信の郡市大会を廃止する。

 中信地区の軟式野球は大北、安曇野、松本、塩筑の四つの郡市大会を開いてきた。このうち大北では6月の大会を経て3年生が引退し、野球部員がいなくなった中学もあり、1チームしかつくれない現状にある。

 上水内郡の町村が長野市に合併したことで、既に北信地区では10年ほど前に軟式野球の郡市大会を廃止。県中体連の方針を受け、東信地区では来年の新人戦から軟式野球の郡市大会を廃止予定で、南信地区でも今後、廃止を検討していくという。

 県教委は14年にまとめた「県中学生期のスポーツ活動指針」で、県中体連主催大会の規模や日程について、生徒や運動部顧問の過度な負担とならないよう見直すと規定。県中体連は、指針に沿って数年前から見直しを検討してきた。塚原伸也事務局長(長野市柳町中教諭)は「地域や競技によって状況は異なり、無理のないよう柔軟に進めたい」としている。

(8月11日)

長野県のニュース(8月11日)