長野県のニュース

浅間山 火山性地震「やや少ない状態」

 気象庁は10日、7日夜に小規模噴火が発生した浅間山(長野・群馬県境、2568メートル)の火山解説情報を発表した。地震活動の顕著な活発化は認められず、火山性地震は「やや少ない状態」とした。噴火警戒レベル3(入山規制)は継続している。

 10日は午後8時時点で火山性地震が23回。うち急増するとマグマの上昇が懸念される比較的高周波の地震は12回だった。地下の熱水やマグマが動いて生じる火山性微動は0回。噴煙は白色で火口縁上約200メートル以下を推移した。火山ガス(二酸化硫黄)放出量は、観測しようとしたが天候不良などでデータを得られなかった。

 9日は火山性地震が24回で、うち比較的高周波の地震は11回。火山性微動は0回だった。火山ガス放出量は1日当たり100トンで、やや少なかった。

(8月11日)

長野県のニュース(8月11日)