長野県のニュース

台風10号、今夜にも県内最接近 大雨や強い風に警戒

 長野地方気象台は14日、大型の台風10号が15日夜から16日明け方にかけて県内に最も近づく見込みだとして、大雨や強い風への注意を求めた。土砂災害や低い土地の浸水、河川増水などへの警戒を呼び掛けている。雨、風とも16日夕から収まっていく見通しという。

 台風接近に伴い、県内は15日午後に南部から雨となり、南部と中部では1時間に30ミリ以上の激しい雨が降る恐れがある。特に県の西側地域で大雨の恐れがあるという。24時間降水量はいずれも多い所で、15日午後6時までが南部70ミリ、中部60ミリ、北部50ミリと予想。16日午後6時までだと南部100〜200ミリ、中部100〜150ミリ、北部50〜100ミリと予想している。

 15日は次第に南寄りの風がやや強くなり、県内全域で最大風速は13メートル、最大瞬間風速は25メートルと予想。16日にかけて強風となる恐れがあり、交通障害や農作物、農業施設の被害などへの注意を促した。

(8月15日)

長野県のニュース(8月15日)