長野県のニュース

イノシシの豚コレラ感染 木曽・塩尻で新たに4頭

 県は14日、県内の野生イノシシ4頭で豚コレラの感染を新たに確認したと発表した。木曽郡木曽町で3頭、塩尻市で1頭。県内での野生イノシシの感染確認は計59頭になった。新たに監視対象農場となる養豚場はなく、従来通り塩尻市の2施設のみ。

 今回の感染確認は8〜12日に捕獲したり、死んだ状態で見つかったりしたイノシシで、県松本家畜保健衛生所(松本市)が遺伝子検査した。発見地点から半径10キロ圏内で、より厳重な豚コレラ検査が必要な「調査対象区域」に含まれるのは中南信の24市町村で変わらない。

(8月15日)

長野県のニュース(8月15日)