長野県のニュース

感動!300人そろい打ち 岡谷 50回目の「太鼓まつり」

息の合ったばちさばきを見せた岡谷太鼓まつり=14日、岡谷市中央町息の合ったばちさばきを見せた岡谷太鼓まつり=14日、岡谷市中央町
 岡谷市の市民祭「第50回岡谷太鼓まつり」が14日までの2日間、同市中央町のイルフプラザ周辺で開かれた。本祭りのこの日、メインステージでは岡谷太鼓保存会による50周年記念の演奏があり、約300人による迫力の「そろい打ち」で節目を盛り上げた。

 記念の演奏では、諏訪湖の冬の風物詩にちなんだ「御神渡(おんみわたり)」、同市の観光大使を務める歌舞伎俳優市川笑野(えみの)さんが振り付けをした「颪(おろし)」などの曲を披露。50回記念の曲「脈々」でも聴かせた。幅60メートルのステージに並んだ約300人の打ち手は息の合ったばちさばきを見せ、観客からは大きな拍手と歓声が起きた。

 諏訪市の会社員大野裕和さん(56)は迫力ある音に魅了され、10年近く前から毎年来ているといい、「たたくだけでなく、振り付けもしっかり決まっていて感動してしまう。もっと多くの人に、まつりの魅力が広まってほしい」と話していた。

(8月15日)

長野県のニュース(8月15日)