長野県のニュース

台風10号 県南部中心に大雨恐れ

 長野地方気象台は15日、台風10号の影響で、県内は16日午前にかけて南部を中心に大雨になる恐れがあるとして、土砂災害などへの注意を呼び掛けた。南寄りの風が次第に強まり、15日夜をピークに16日昼前にかけて強風となる見込み。一部で交通機関やイベントに影響が出ている。

 気象台によると、台風は15日夜から16日明け方にかけて県内に最接近する見込み。雷を伴って1時間に30ミリ以上の激しい雨が降る所がある。16日正午までの24時間予想降水量は、多い所で北部100ミリ、中部130ミリ、南部250ミリ。

 15日から16日にかけての最大風速は中部が15メートル、北部と南部13メートル。最大瞬間風速は中部が30メートル、北部と南部が25メートルと予想している。

 県営松本空港(松本市)発着便は15日午前、日本航空の大阪線2便が欠航し、計108人に影響が出た。フジドリームエアラインズ(FDA)は同日午前、福岡発松本行きを予定通り運航。同日午後の福岡線、札幌(新千歳)線、札幌(丘珠(おかだま))線は、いずれも天候の状況に応じて運航するか決めるとしている。

 JR東日本長野支社によると15日正午現在、県内では16日の計画運休の予定はない。

 下水内郡栄村の村秋山郷観光協会は15日、村内のJR森宮野原駅前で16、17日に予定していた「第3回さかえ夏まつり」について、16日は中止すると決めた。17日は午後3〜8時に開催する予定。

 15日夜に諏訪市の諏訪湖で開く第71回諏訪湖祭湖上花火大会の実行委員会によると、大会は今のところ、予定通り開催するという。

(8月15日)

長野県のニュース(8月15日)