長野県のニュース

「盆休みもう1日」 南箕輪で伝統の「盆正月」

門扉前に並べられた門松や農機具を見る松沢さん門扉前に並べられた門松や農機具を見る松沢さん
 南箕輪村田畑区で16日深夜から17日朝にかけ、区の役員宅などを封鎖し、盆休みの1日延長を求める伝統行事「盆正月」があった。田畑区長の松沢純一さん(69)は同日朝、自宅の門扉前にバケツや傘、植木鉢などがびっしりと並べられているのを見て「これじゃ出られない」。他の役員に連絡し、「休み」の延長を各戸に伝えるよう頼んだ。

 門扉前にはミカンの代わりにトマトが載った「鏡餅」や、カボチャなどの野菜がずらり。農機具や除雪機など音を立てずに運ぶのが難しい物まで並べて、出入りを防いであった。地面には石灰で「お正月」と大きく書かれ、しめ飾りや門松もあった。

 地元の小学生や消防団員ら計約30人が作業に参加。前日午後10時半ごろから気付かれないよう静かに物を運び、役員宅3軒と公民館を封鎖した。松沢さんは「『やられた』というよりもすごい出来栄え」と感心。「一家総出で片付けです」と苦笑いした。

(8月18日)

長野県のニュース(8月18日)