長野県のニュース

J1 山雅、終了間際に追いつかれ引き分け

松本山雅―名古屋 後半35分、先制ゴールを決める松本山雅・永井松本山雅―名古屋 後半35分、先制ゴールを決める松本山雅・永井
 明治安田J1第23節最終日は18日、松本市のサンプロアルウィンなどで2試合を行い、松本山雅は名古屋に終了間際に追い付かれ、1―1で引き分けた。連敗はしなかったものの、10試合連続未勝利で勝ち点20。最下位の磐田がG大阪と引き分けたため、順位は17位のまま変わらない。

 松本山雅は前節から先発2人を変更。右膝のけがから8試合ぶりに復帰した橋内が3バックの右に入り、攻撃的な1・5列目は杉本に代えて永井を7試合ぶりに起用した。名古屋は2試合続けて同じ先発で臨んだ。

 松本山雅は高い位置から圧力をかける守備が機能。前半からいい形でボールを奪い、多くのチャンスをつくった。両チーム無得点で迎えた後半35分、セルジーニョのスルーパスに抜け出した永井が右足で決めて先制に成功。しかし、同47分に名古屋の赤崎に同点ゴールを許し勝利を逃した。

 第24節は23、24日で、松本山雅は23日にさいたま市で10位の浦和と対戦する。

(8月19日)

長野県のニュース(8月19日)