長野県のニュース

小谷の観光施策検討へ「審議会」 「おたりアセット」清算見据え

 北安曇郡小谷村の観光再生事業を担った村全額出資会社「おたりアセット」の清算が滞っている問題に関連し、中村義明村長は10日、今後の村の観光施策に関する在り方を考える「観光審議会」を立ち上げる方針を明らかにした。アセット清算後の観光振興の方向性について議論する。

 村議会9月定例会の一般質問で答えた。村によると、審議会は外部の有識者や学識経験者で構成。村議会の承認が得られ次第立ち上げ、議論を始める。会議は一般に公開し、審議会は来年1月末をめどに村に答申する方針という。

 中村村長は一般質問で、アセットの清算手続きについて、同社の解散の登記と、村総務課長が清算人に就任する登記の準備が整ったと説明。野崎由紀子社長が村に求める違約金4200万円について、提訴された場合は「会社の事業内容や代表取締役の報酬とする違約金が適切か確認できる」と争う可能性を示した。

 中村村長が違約金の支払いを盛った清算合意書に署名したことについて、議員が「村長の公印は軽いものではない。行政の姿勢に問題がある」とただしたのに対しては、村長は「議会の承認を得ず、内容を十分に理解しないまま交わしたのは拙速で、反省している」と述べた。

(9月11日)

長野県のニュース(9月11日)