長野県のニュース

辰野町、千葉県の友好都市へ支援物資

ブルーシートを車に積み込む辰野町職員=11日午前9時13分、辰野町ブルーシートを車に積み込む辰野町職員=11日午前9時13分、辰野町
 台風15号の影響で大規模停電が発生し、復旧の見通しが立っていない千葉県にある鋸南町(きょなんまち)の友好都市、上伊那郡辰野町は11日午前、車2台に食料などの支援物資を積み込み鋸南町に向けて出発した。台風が鋸南町付近を通過した9日以降、役場同士で連絡が取れず、10日夕にようやく衛星電話で被害状況を確認。この日は辰野町の職員が「笑顔になってもらえるように」と願い、作業をした。

 11日午前8時20分ごろ、鋸南町から辰野町に衛星電話で連絡があった。「役場庁舎の電源は復旧したが、町内の停電は続き、物流が止まって食料などが不足している」との内容。鋸南町では屋根瓦が飛ばされるなどの被害が多数出ており、11日正午時点で約4600戸が停電している。

 辰野町は必要な物資を聞き取り、炊き出しセット150食分、パンやビスケットなどの食料、粉ミルク、おむつなどを用意。瓦を片付けるための袋や壊れた屋根を覆うブルーシートなども車両に積み込んだ。準備を終えた職員に、武居保男町長は「被害状況をしっかり見て手助けをしてきてほしい」と声を掛けた。

 鋸南町は9日の1時間最大降水量が70ミリ。辰野町によると、10日以降、鋸南町では倒壊家屋などの片付けを住民が行っている。両町は1989年に友好都市提携を結んだ。

(9月11日)

長野県のニュース(9月11日)