長野県のニュース

松本 工場で古紙焼く火災 けが人なし 大量のけむりで騒然

王子マテリア松本工場の古紙置き場から上がる煙に放水する消防隊員ら=16日午後0時45分、松本市笹賀王子マテリア松本工場の古紙置き場から上がる煙に放水する消防隊員ら=16日午後0時45分、松本市笹賀
 16日午前11時50分ごろ、松本市笹賀の段ボール原紙製造「王子マテリア松本工場」の古紙置き場から出火し、古新聞や古雑誌などを焼いた。消防車など10台が出動し、約6時間後に消し止めた。松本署が原因や燃えた古紙の量などを調べている。

 現場は南松本駅から約3キロ南西で、アパートなどが立ち並ぶ住宅街。大量の煙が発生して一時、騒然となった。出火当時、複数の従業員が古紙の処理などをしていたが、けが人はいなかった。

 同社によると、現場には古紙約5千トンが置いてあった。普段から、異物が交じっていないか目視で確認していたという。同社事務部の赤木茂文副部長は取材に「ご迷惑をお掛けした。再発防止を徹底したい」と話した。

(9月17日)

長野県のニュース(9月17日)