長野県のニュース

斜面

〓お酒はぬるめの燗(かん)がいい/肴(さかな)はあぶったイカでいい…。八代亜紀さんが歌う「舟唄」の歌詞である。作詞家の阿久悠さんが思い描いたのはスルメイカを干した「するめ」のことだろう。かめばかむほど味が出て日本酒と相性がいい

   ◆

「イカでいい」とおちおち歌ってはいられない時代が来たのかもしれない。深刻な不漁が続いている。日本の昨年の漁獲量は前年に比べ3割減の4万6100トンにとどまり過去最低を更新した。中国や韓国などの需要増もあって市場価格が高騰している

   ◆

ここに違法操業という厄介な問題が絡む。日本海の排他的経済水域(EEZ)内に北朝鮮や中国籍とみられるイカ釣り漁船が入り込んでいる。北朝鮮漁船が追い払おうとする水産庁の漁業取締船と衝突し沈没する事故が発生した。乗組員60人は救助され北朝鮮の船で現場を去った

   ◆

付近の大和堆(やまとたい)は日本海中央部の海底に広がる巨大な山塊だ。最も水深が浅い地点は236メートル。1926年、測量船「大和」の調査で全体像が明らかになってこの名が付いた。周辺は暖水の渦が発生しやすく餌も豊かであり、好漁場の条件がそろっている

   ◆

北朝鮮は沿岸の漁業権を中国漁船に売り渡した。困窮する漁民は外貨稼ぎとタンパク源確保のため遠洋に追い立てられている。大和堆はさらに緊迫の度を増す恐れがある。「北朝鮮になめられるな」と威勢のいい政治家の掛け声で出口が見えるほど、スルメイカを巡る衝突は単純ではない。

(〓は、歌記号)

(10月9日)

最近の斜面