長野県のニュース

米機の墜落原因 安全軽んじる規律の欠如

 米軍の安全確保に対する意識が問われる事態である。

 米海兵隊の岩国基地(山口県岩国市)に所属している戦闘機部隊で、重大な事故につながりかねない規則違反が横行していることが分かった。

 その内容は信じ難い。手放しの操縦や飛行中の読書、ひげを整えながらの自分の撮影などだ。

 この部隊では昨年12月、高知県沖で戦闘攻撃機と空中給油機が接触して墜落し、6人が死亡・行方不明になっている。事故を調査した第1海兵航空団(沖縄県)の報告書で部隊内の実態が判明した。

 分かったことは他にもある。

 事故では乗員2人の尿から睡眠導入剤の成分が検出され、飛行任務に不適格だった可能性がある。事故は戦闘攻撃機側に責任があり、報告書は「薬物乱用やアルコール過剰摂取など、職業倫理にもとる実例」が背景と分析している。安全軽視もはなはだしい。

 さらに問題なのは、部隊が2016年に沖縄県沖の上空で戦闘機と空中給油機の接触事故を起こしながら公表せず、正式な調査もしていなかったことだ。

 接触した2機は基地に着陸し、けが人はいなかった。月明かりのない暗闇で操縦士が空中給油を受けるのは初めてだった。状況は高知県沖の事故と酷似している。

 この事故の原因を調査して再発防止策を講じていれば、高知県沖の事故を防げた可能性がある。怠った米軍の責任は大きい。

 米軍が危険な兆候を見逃し、教訓が生きなかったことは過去にもある。17年5月に佐世保沖で駆逐艦と商船が異常接近するミスがありながら、1カ月後に駆逐艦とコンテナ船が伊豆半島沖で衝突した。管理体制にも疑問符がつく。

 米軍機の事故はこれまで何度も起きている。高知県沖では1994年、99年、16年に米軍機が墜落している。沖縄では16年12月に海兵隊輸送機オスプレイが大破し、昨年11月には岩国基地を拠点とする戦闘機が那覇市沖で墜落した。

 安全軽視が岩国基地の部隊だけとは思えない。米軍機は県内の市街地上空を何度も低空飛行している。この状況を放置することは極めて危険だ。

 米軍は日米地位協定で特別な地位が認められ、基地のある地域に負担を強いている。安全への配慮と規律の確保は最低限のルールのはずだ。政府は米軍に対し、実態の詳細な説明と、徹底した再発防止策を求めるべきだ。体質が改善されるまでは飛行停止も要求していく必要がある。

(11月6日)

最近の社説