長野県のニュース

北陸新幹線の浸水車両 解体作業始まる

車両解体に向けた関連作業が始まった長野新幹線車両センター。右奥の編成は数両が切り離されている=8日午後9時32分、長野市赤沼車両解体に向けた関連作業が始まった長野新幹線車両センター。右奥の編成は数両が切り離されている=8日午後9時32分、長野市赤沼
 台風19号に伴う千曲川の氾濫で水没したJR東日本の長野新幹線車両センター(長野市赤沼)で8日、浸水により廃車が決まっている北陸新幹線(長野経由)の車両10編成、120両の本格解体に向けた作業が始まった。

 JR東日本広報部によると、解体前に再利用できる部品があるか調査する作業で、部品の一部を車体から取り外し、搬出している。

 また、車両センターのレールや配線など、地上設備の復旧と整備のため、一部の車両を移動させた。この日夜は、6日午後時点で車両センター外から確認できた7編成のうち1編成の先頭車両部分が見えなくなっていた。

 本格的な解体作業の場所や時期について、同広報部は「検討中」としている。

(11月9日)

長野県のニュース(11月9日)