長野県のニュース

南牧村長 大村氏が再選

 任期満了に伴う南佐久郡南牧村長選は10日投開票され、現職の大村公之助氏(71)=無所属、海ノ口=が、新人で獣医師の片桐勝則氏(64)=無所属、野辺山=を338票差で破り、再選した。

 大村氏は村議会9月定例会でいったん不出馬の方針を示したが、10月中旬に一転して立候補を表明。自民党籍があるが無所属で届け出た。「継続と発展の村政を目指す」と主張し、村内を通る予定の中部横断道の早期全線開通や農業振興などを訴えた。村内全6地区に組織した後援会支部を通じて幅広く浸透し、片桐氏の追い上げをかわした。

 片桐氏は今年4月まで村議を連続4期務め、10月上旬に出馬表明。共産党籍があるが無所属で届け出た。住民との対話や子育て支援に重点を置いた村づくりを訴えたが、及ばなかった。

 投票率は80・49%で、2015年前回選を3・54ポイント下回り、過去最低となった。

(11月11日)

長野県のニュース(11月11日)