長野県のニュース

爽やか上高地、来年またね! 自然の恵みに感謝し閉山式

雪化粧した山並みに向かって梓川のほとりで行われた上高地の閉山式雪化粧した山並みに向かって梓川のほとりで行われた上高地の閉山式
 今季の北アルプス観光に一区切りをつける「閉山式」が15日、松本市安曇の上高地で開かれた。河童橋のたもとでの神事には観光関係者や観光客ら約400人が集まり、北アの自然の恵みや多くの入り込みがあった今季に感謝。穏やかな来季の到来を願った。

 上高地観光旅館組合などでつくる実行委員会が開いた。神事後、実行委員長の小林清二組合長(65)が1年を振り返り、「皆さんに(来季の)開山祭でお会いできることを期待している」とあいさつ。今季、河童橋周辺まで実現した光ファイバー回線を利用したインターネットの高速通信サービスが、来春には横尾まで広がる見通しであるとし、利便性の向上に期待した。

 雪化粧の穂高連峰を撮影しに都内から訪れた会社員、平本真さん(56)は、河童橋の上でカメラを手に「今日は最高の天気で、来られてラッキー」と笑顔を見せていた。

 市山岳観光課によると今年の上高地の入り込み者数は118万1700人(10月末現在)で、前年同期比0・9%減。外国人観光客の増加など追い風があった半面、大雨や台風の影響で微減となった。

(11月16日)

長野県のニュース(11月16日)