長野県のニュース

三木氏、出馬正式表明 来年1月の須坂市長選 

 任期満了に伴う来年1月12日告示、19日投開票の須坂市長選で、現職で4期目の三木正夫氏(70)=無所属、相之島=は19日、市議会12月定例会冒頭あいさつで「市民から責任を持って取り組むべきとの声を受けて出馬を決めた」と述べ、立候補を正式表明した。

 市政課題として、上信越道須坂長野東インター北側の開発や仁礼地区の最終処分場建設などの大型事業、現在協議を進めている旧第2通学区の県立高校第2期再編を列挙。「人的ネットワークを生かして進めていく」と述べた。台風19号による地元の被災にも触れ、防災・減災対策への取り組みも強調した。

 三木氏は須坂市出身。中央大卒業後、県職員となり、秘書課長などを歴任し、下伊那地方事務所長を務めていた2003年に退職。04年の市長選で新人同士の一騎打ちを制して初当選し、08、12、16年も新人との選挙戦を制した。

 同市長選では、連合長野、県労連、県労組会議の各地区組織や共産党、社民党の関係者らでつくる「民主政治を進める須高地区連絡会」が立候補を模索する動きがある。

(11月19日)

長野県のニュース(11月19日)