長野県のニュース

地元上伊那の大声援 VC長野後押し ホーム戦今季初勝利

VC長野トライデンツがホーム戦での今季初勝利を挙げ、喜ぶ観客たち=30日、伊那市のエレコム・ロジテックアリーナVC長野トライデンツがホーム戦での今季初勝利を挙げ、喜ぶ観客たち=30日、伊那市のエレコム・ロジテックアリーナ
 バレーボール男子Vリーグ1部(V1)VC長野トライデンツ(上伊那郡南箕輪村)は30日、地元の上伊那地方でホーム戦今季初勝利を挙げた。2季ぶりの伊那市での試合となり、会場のエレコム・ロジテックアリーナ(市民体育館)は得点のたび、割れんばかりの歓声に包まれた。大声援に後押しされた選手たちはサポーターと一体となった。

 1050人の観客が見守る中、対戦相手の大分三好から2セットを奪って迎えた第4セット、勝利まであと2点と迫った場面でVC長野は失点。会場からは「VC長野」コールが起き、選手に力を送った。パトリック・ストレジェク選手(30)のスパイクで勝利が決まると、会場の盛り上がりは最高潮に達した。

 塾講師池田照美さん(62)=伊那市=は涙を浮かべ、「来週もこの勢いで勝ってほしい」。大沢健太郎選手(24)らと同じ職場の会社員肥後秀典さん(52)=飯田市=は「仕事もバレーも一生懸命だから応援したくなる。勝てて本当にうれしい」と喜んだ。

 伊那市での試合は2部リーグに所属した2018年1月以来。VC長野の笹川星哉(せいや)代表(34)は「勝利する姿を地元で見せることができて良かった。最高の応援だった」と勝利をかみしめていた。

(12月1日)

長野県のニュース(12月1日)