長野県のニュース

上田の刺傷事件 容疑の男「刺した」供述 職場トラブルか

 上田市上田原の集合住宅で1日夕に住人の会社員男性(30)が刺された事件で、殺人未遂の疑いで上田署などに逮捕された会社員貝原直人容疑者(34)=上田市上田=が「(男性を)刺した」と容疑を認める趣旨の供述をしていることが2日、捜査関係者への取材で分かった。貝原容疑者は年齢が下の被害男性との間柄について「職場の人間関係でトラブルがあった」との趣旨の供述もしているという。

 現場となった集合住宅の1階階段踊り場には、凶器とみられる血の付いた包丁と別の包丁、果物ナイフの計3本が残されていた。同署は貝原容疑者が持ってきたとみて、計画性があったことも視野に調べている。

 男性は1日、119番通報した友人と外出。自宅に戻ってきたところだった。友人は刺された場面には居合わせず、直後に倒れている男性を見つけたという。

 同署によると、男性は搬送時、意識があった。容体は落ち着いてきたものの、依然意識不明の重体という。

(12月3日)

長野県のニュース(12月3日)