長野県のニュース

「ヨイトー、ヨイトー」 上田で「鳥追い御幣」

「ヨイトー、ヨイトー」の掛け声とともに紅白の御幣を振る子どもたち「ヨイトー、ヨイトー」の掛け声とともに紅白の御幣を振る子どもたち
 上田市生塚(うぶつか)地区に伝わる小正月の伝統行事「鳥追い御(おん)幣(べ)」が12日、同市常磐城4の西部公園であった。田畑の害鳥を追い払い、五穀豊穣(ほうじょう)や家内安全を願う祭り。「ヨイトー、ヨイトー」の掛け声とともに紅白の御幣を振り、集まった住民らが活気づいた。

 江戸時代に始まり、昭和に入り廃れていたが、地元保存会が平成元年の1989年に復活。近年は生塚自治会とともに毎年開く。公園では和紙と竹で作った大小の御幣を住民が持ち、だるまなどの山を囲んだ。掛け声に合わせ、「あーれはどんの鳥追いで三つに割って味噌(みそ)つけて佐渡島へホーヤラホイ」といった害鳥を追い払う節を口ずさみながら御幣を上下に動かした。

 御幣は鳥追いの後、だるまなどと一緒に燃やされ、家族連れらが「繭玉」をあぶって食べた。坂城町出身で2年ほど前に生塚に引っ越してきた会社員滝沢尚之さん(32)は2歳の長女と初参加し「普通のどんど焼きと異なり趣がある。多くの人が集い、近所の温かみを感じる」と話した。

(1月13日)

長野県のニュース(1月13日)