長野県のニュース

松本山雅、今季は「捲土雷鳥」 新体制発表会でスローガン披露

新体制発表会で決意を述べる松本山雅の布監督(中央)と選手たち新体制発表会で決意を述べる松本山雅の布監督(中央)と選手たち
 サッカーJ2松本山雅は13日、新体制発表会を松本市のまつもと市民芸術館で開き、今季のスローガン「One Soul 捲土雷鳥」を発表した。9人の新戦力を含む29選手や布監督ら指導陣が一人ずつ「サポーターの皆さんとともに、J1昇格の目標を達成したい」などと決意を述べ、1年でのJ1復帰をサポーターに誓った。

 会場は約1800人のファンやサポーターで埋まった。2度目のJ1挑戦となった昨季は、目標のJ1残留を果たせず、今季はJ2に舞台を戻して戦う。スローガンは、一度敗れた者が再び勢いを増して盛り返す意味の「捲土(けんど)重来」と、クラブのシンボルの雷鳥を掛け合わせた。

 運営会社の神田社長は「一体感と躍動感があるチームを見せることができると思っている」とあいさつ。布監督は「どんな時も前向きにチーム一丸となって戦い抜く」と強調した。

 最年長の37歳、田中隼は「若い選手と一緒に山雅の歴史を築いていく」と話し、新加入の森下は「持っている力を全て出してチームに貢献したい」と意気込んだ。

 チームは15日に千葉県東金市で始める1次キャンプで本格的な強化に着手する。

(1月14日)

長野県のニュース(1月14日)