長野県のニュース

新高校入試、2024年春から 導入2年延期 制度案も見直し

 県内公立高校の新たな入試制度案を巡り、県教委は16日、これまで2022年春としてきた導入時期を2年延期し、24年春とすることを決めた。生徒の主体性を重視する新学習指導要領下で中学校3年間を学ぶ学年(現小学5年生)からの実施が適当だと判断した。昨年公表した新制度案(第二次案)の中身も見直し、今年9月に改めて公表する。

 新制度案は、全ての高校で前期選抜に学力検査を新たに課し、後期選抜にグループ討議や面接などの「その他の検査」を課すことなどが柱。22年度から高校の新学習指導要領が導入されるのに合わせ、知識や技能、主体性、表現力などをバランスよく評価する狙いで、当初は昨年12月に制度決定し、各校の入試内容を21年9月に公表、22年春に始めるとしていた。

 だがこの日程だと、最初の受験生(現中学1年生)が希望する高校の入試内容を把握して受験対応できる期間が半年足らずしかない上、高校の新学習指導要領に連動して21年度に全面実施される中学の新学習指導要領下で1年間しか学べないことになる。このため、保護者や教育関係者らの間に、準備期間不足や入試改革の整合性に対する懸念が広がっていた。

 県教委は今後、第二次案そのものを再検討し、改定案を公表して9〜11月に県民向け説明会を開催。その上で来年2、3月ごろに新制度を決定し、導入までに約3年間の周知期間を設けるとしている。

(1月17日)

長野県のニュース(1月17日)