長野県のニュース

平昌パラ「金」の技術 動画で次世代に 新田さん出演し白馬で撮影

撮影に臨む新田さん(左)=21日、白馬村撮影に臨む新田さん(左)=21日、白馬村
 日本障害者スキー連盟(東京)は22日まで3日間、ノルディックスキー距離競技の技術や魅力を伝える動画を北安曇郡白馬村の白馬クロスカントリー競技場で撮影している。出演するのは1998年の長野以降、6大会連続で冬季パラリンピックに出場し、平昌大会距離男子10キロクラシカル立位で金メダルを獲得した新田佳浩さん(39)=日立ソリューションズ。「(映像を見た)子どもたちが競技をしたいと思うきっかけになればうれしい」と話している。

 同連盟が障害者の距離競技の教本的動画を作るのは初めて。競技関係者に「美しい」と評判の新田さんのフォームや基本動作などを約30分に収め、各地のスポーツ団体に配り、子どもたちの参考にしてもらう。日本財団パラリンピックサポートセンターの助成金250万円を充てる。

 新田さんは21日、雪が舞う中、上り坂の進み方を実演。コースの特徴に応じて速度を調節する大切さを説明した。 同競技場は新田さんが高校2年で出場した長野大会の会場。「ここから自分のパラ人生が始まった」と感慨を深めた。動画は3月に完成予定。

(1月22日)

長野県のニュース(1月22日)