長野県のニュース

こんにゃく×凍り豆腐→新商品 地域の食材 広く知って

泰阜村産のコンニャクイモと凍り豆腐で作った新商品「あわ雪こんにゃく」泰阜村産のコンニャクイモと凍り豆腐で作った新商品「あわ雪こんにゃく」
 泰阜村のこんにゃく製造販売会社「ポタジェやすおか」が24日から、村産コンニャクイモと飯田下伊那地域で生産されている凍り豆腐で作った新商品「あわ雪こんにゃく」を、飯伊地域で展開するスーパー「キラヤ」で販売する。地域の魅力ある食材を広く知ってほしい―と取り組む商品開発の一環。

 ポタジェやすおか社長の長尾透さん(58)は、2014年に村地域おこし協力隊員として着任。村産こんにゃくの軟らかい食感に魅了され、2年半ほどこんにゃく作りに携わった後、同社を設立した。

 新商品は、凍り豆腐などを製造する「信濃雪」(飯田市)と共に約1年かけて開発。粉末状の凍り豆腐をこんにゃくに練り込んでおり、凍り豆腐の粒が雪のように見えることから商品名を付けた。滑らかな食感が特徴で、「煮物や炒め物に入れるだけでなく、生でも食べられる」(長尾さん)という。

 1袋250グラムで320円(税別)。問い合わせはポタジェやすおか(電話0260・25・2075)へ。

(1月24日)

長野県のニュース(1月24日)