長野県のニュース

「焼き肉のまち」3市でPR 食べ比べの催し計画

飯田市の店で提供されている焼き肉飯田市の店で提供されている焼き肉
 人口当たりの焼き肉店舗数が多く「焼き肉のまち」と呼ばれる飯田市は来年度、同じく焼き肉が人気の北海道北見市、三重県松阪市と「焼肉(やきにく)食文化のまち連合」(仮称)を結成する。3市の焼き肉を食べ比べる催しを毎年持ち回りで開く計画で、初回の開催地は飯田市。3市が連携して情報発信することで「焼き肉のまち」としてのブランドをさらに高める狙い。飯田市は来年度当初予算案に関連費用を盛る方針だ。

 飯田市は人口1万人当たりの焼き肉店舗数が5・07店で全国1位とされ、北見市は5・05店で2位。松阪市はこの調査で上位には入っていないものの、ブランド和牛「松阪牛」で知られ、焼き肉文化も根付いている。2018年に都内で開かれた焼き肉をテーマとするセミナーで、3市の担当者が顔を合わせたことを機に準備を進めてきた。

 北見市では牛や豚の内臓が人気。飯田市では羊肉やジビエ(野生鳥獣肉)、松阪市では鶏肉も親しまれるなど、地域によって特徴がある。持ち回りの催しでは食べ比べの他、食文化をテーマにしたトークショーも検討している。7日に北見市で開かれる焼き肉イベントに3市の担当者が集まり詳細を詰める。飯田市の担当者は「焼き肉を一つの食文化として連携してPRしていきたい」としている。

(2月7日)

長野県のニュース(2月7日)