長野県のニュース

暖冬が影響、カンザクラ一足早く 天龍村が開花宣言

昨年より早くほころび、天龍村が開花宣言したカンザクラ=14日昨年より早くほころび、天龍村が開花宣言したカンザクラ=14日
 天龍村は14日、同村平岡のJR飯田線伊那小沢駅近くにあるカンザクラの開花を宣言した。暖冬の影響もあり昨年より1週間ほど早く淡い桃色の花が姿を見せた。3月上旬には見頃を迎える見通し。列車が駅に止まると、枝のあちこちで膨らんだつぼみと一緒に、かれんな花がふわりと揺れていた。

 県最南の同村でいち早く咲く桜として人気のカンザクラ。近年は同駅周辺の木が台風の影響で根元から傾いてしまう被害もあったが、村地域振興課の花岡沙代さんは「ここ数日の暖かさで花が開いた」。信州に春を告げる役目を変わらず果たしている。

 この日同駅を訪れた飯田市駄科の山本由一さん(69)はカンザクラを見上げて「開花したんですね」と笑顔。仕事の関係で付近を訪れることがあるといい、「日がたつごとにつぼみが大きくなるのを見ると、春が来たという感じで楽しい」と話していた。

(2月15日)

長野県のニュース(2月15日)