長野県のニュース

県立高校再編で統合検討案 伊那北・伊那弥生 野沢北・野沢南 小諸・小諸商

 少子化に伴う県立高校の再編を巡り、県教委が、旧第8通学区(上伊那地域)の伊那北高校と伊那弥生ケ丘高校、旧第6通学区(佐久地域)の野沢北高校と野沢南高校、小諸高校と小諸商業高校を再編対象校とし、統合を検討する案を固めたことが23日、関係者への取材で分かった。2013年から検討が続く第2期再編で県教委が対象校名を挙げるのは初めて。

 24日の県教委定例会にこれら6校を含む再編・整備計画「第一次分」の案を示し、発表する。その上で県教委はそれぞれの地域に出向き、地元理解を得る場を設ける方向で最終調整を進めている。これまで県教委は3月の定例会で計画策定するとしてきた。

 第2期再編は13年に県教委内で検討が始まり、18年3月に旧12通学区ごとの再編の方向性を盛った実施方針案を示して本格化。行政や教育、産業界などの代表者らでつくる地域協議会がそれぞれ立ち上がり、その意見・提案を踏まえて来年3月に全12地域ごとの再編・整備計画を固めるとしている。

 このうち旧第6、8通学区と旧第1(飯山市など)、旧第9(飯田下伊那地域)の4地域の協議会は今年1月までに意見提案書を提出。県教委はこれら4地域の検討を第一次分として先行させてきた。地域協議会側からは、県教委の責任で具体的な高校名を明示し、地元理解を得るよう求める意見が出ていた。

(3月24日)

長野県のニュース(3月24日)